MENU

リンスとトリートメントの違いについて

シャンプーを行った後に行う、リンスやコンディショナーとトリートメントの違いは粒子の違いにあるといわれます。いずれもシャンプーを行って髪の毛に負担がかかった後に水分や脂分を補給する役割がありますが、トリートメントはより粒子を細かくして、水分補給の効果を高めたものをいいます。

 

シャンプーは余分な皮脂や汚れを落とすためになくてはならないものですが、同時に摩擦を発生させて髪の表面を傷めてしまうこともあります。そこで、シャンプーの後にはコンディショナーやトリートメントで髪のダメージを防いだり修復する必要がでてきます。

 

美髪を保つために一番大切なことは、水分と脂肪分を適正な状態に保つことです。これらが不足してしまうと、艶や滑らかさがなくなって毛髪がゴワゴワした感じになってしまうんです。ゴワゴワした状態になってしまうと摩擦によるダメージは増幅してしまうので、痛みの進行が速くなってしまいます。

 

リンスやトリートメントには湿潤剤や天然の保湿成分がふくまれており、空気中の水分を吸収して髪の毛に継続した保湿を行うことができるのです。また保湿成分は水分の蒸発も抑制することができるので、輝きのある髪の毛を保ちやすくします。

 

リンスやコンディショナー、トリートメントはいずれも水分と脂分を補給する働きがありますが、リンスとコンディショナーの粒子は比較的大きく毛髪の表面のキューティクルがはがれた部分に吸着され、髪を滑らかにする成分が含まれています。一方で、トリートメントはというと、髪の表面だけでなく、毛髪内部まで浸透させるように設計されているんです。キューティクルの隙間から内部に入り込むようになっているので、より潤いを保つことができるんです。

 

 

リンスやトリートメントの使用の注意点

リンスやトリートメントは、いずれも毛髪に対して使用するものです。まれに頭皮にも塗って脂分を入れたくなる方がいらっしゃいますが、これは大きな間違いです。髪に吸着される分以外は洗い流されますし、むしろ毛穴をふさいでしまう可能性もあるので、しっかりと頭皮には残らないようにすすいでください。敏感肌の場合にはすすぎ残しでかぶれてしまう方もいると思いますので、注意してくださいね。

 

 

このページの先頭へ